一生に一度の結婚式に素敵な演出を!

ウェルカムドリンクと一緒に地元のお菓子も一緒に

結婚披露宴が始まる前などに控え室などでただ待ってもらっているだけでは申し訳ないし、軽食でも食べたり、飲んだりして軽く交流を図ってもらおうという意図で用意されるのが、
ウェルカムドリンクです。
しかしもうすぐ結婚披露宴が始まるかと思うと意外と皆さん、手をつけられないことが多いのです。
日本人の謙虚さからか、結婚披露宴の料理の前だから遠慮しているのかは分かりませんが、飲み物であるアルコールもソフトドリンクもカナッペも代金に入っているのですから、
是非食べてもらいたいものです。

そこで最近考えられたのは少し変わったものを置くことです。
それは自分や相手の地元もお菓子を置いておくことです。
出身地と結婚披露宴会場が同じでも意外と地元のお菓子というものは食べたりする機会に恵まれませんし、県外の人には珍しいお菓子になるかもしれません。
少し手間かもしれませんが、取り寄せておいた地元のお菓子を用意してもらうのもいいかもしれません。
自分たちが子供の頃に慣れ親しんだお菓子を招待客に振る舞うことができます。
心に残る結婚披露宴の演出こちらの記事も大変興味深いです。

しかも贈品用の菓子ならばほとんどのものが1つずつ包まれていることが多いので、そのままお土産として持って帰ってもらうこともできますので無駄にはなりません。
カナッペなどのつまみなどもお酒が好きな人にはいいかもしれませんが、小さなお子様などが招待客の中にいたら、喜んでくれるのではないでしょうか。
不思議なもので誰かが手をつけ始めたら食べてみたくなりますし、軽くでも飲んだり食べたりしていれば時間などはすぐに過ぎているものです。
食べるか食べないかまでの強制はできませんし、そこは招待客の意志です。

何も用意していない状態で待たせておくよりも、ささやかながらの招待客を持て成す心配りをもって用意することが大切なのです。
ですが、こちらに力を入れすぎてメインの結婚披露宴の方がいまいちだったと思われないように注意してください。
ウェルカムドリンクの方がホテルの都合で決まっているのならば、受付においておくのもいいでしょう。
結婚披露宴での食事のメニューについてはこちらを参考にしてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 Happy wedding All Rights Reserved.