一生に一度の結婚式に素敵な演出を!

テーブルを回りその卓のゲストの方々と写真を撮る

テーブルを回って、その卓の方々と新郎新婦が一緒に写真を撮ることをブライダル業界では「カクタク」というそうです。
昨今では招待客の皆様もカメラ機能が搭載されたスマートフォンや携帯電話などを多く持たれているので、ブライダル写真を撮っている人など気にしないかもしれませんが、
後日に新郎新婦に渡された写真に写っていない人がいるということにもなりかねません。
なにしろ新郎新婦は撮られる立場にあって、どんな写真が撮られるのかも分からないし、自分では何も決められないのです。
そこで確実に写真が撮れるのが集合写真ですが、それでは本当に記念写真になってしまいます。

そこで考えられたのが「カクタク」なのですが、昨今の結婚式場では断ることもあるそうです。
それというのも時間がかかるので予定が狂うということなのです。
結婚披露宴は自由にお祝いする宴です。
ですから挨拶の時ならともかくとしても新郎新婦が席から離れたような時には、比較的招待客の皆さんも自由行動で席にはいません。
特に最近は禁煙が当たり前になってしまったので、喫煙のために完全に離れてしまうような人までいらっしゃり、いざ新郎新婦がきて一緒に写真を撮るという時にいないということも珍しくないために、
あまり予定が狂うようなことをしてほしくないようなのです。

しかし結婚披露宴は新郎新婦と招待客の皆さんの祝いの場です。
まずプログラムとまではいかなくても予定には入れて置くようにしましょう。
司会をお願いする人に、
「今から写真撮影しますので、席におつきになっていてください」というアナウンスをしてもらうようにしなければなりません。
皆さんが移動する前でしたら、素早く写真撮影をしてすぐに自由に歓談が出来るようになります。
それから前もって招待客の皆さんに「自分のカメラでも撮ってほしい」と頼まないようにお願いしなければなりません。
少しご迷惑をおかけしてしまいかもしれませんが、それがマナーでもあります。
こちらの結婚披露宴の流れもチェックしてみましょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 Happy wedding All Rights Reserved.